冨樫義博が語る「魅力的なキャラクターの作り方」

冨樫義博(とがし よしひろ)さんと言えば、日本に数多いる漫画家の中でも、特別な地位に君臨している人物です。
主に「週刊少年ジャンプ」誌上にて発表してきた著作は、そのどれもがことごとく大ヒット。
熱狂的なファンを生み出してきました。

交通事故死をきっかけに、「霊界探偵」として活動することになった浦飯幽助が、桑原和真、飛影、蔵馬などの仲間たちと繰り広げる冒険活劇、「幽遊白書(ゆうゆうはくしょ)」。

アシスタントを使うことなく、すべて自分1人で描いたことで話題となった、オカルト・SF漫画「レベルE」。

「ハンター」や「念能力」など、魅力あふれる設定を存分に活かした世界で、ゴン、キルア、クラピカ、レオリオらの冒険を描く「HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)」。

冨樫義博さんの作品は、常に傑作・名作の評価を受け、若手漫画家の中でも、その天才的な作風に大きな影響を受けていることを公言する人が少なくありません。

人気漫画「東京喰種トーキョーグール」の作者である石田スイさんも、その一人です。

石田スイさんは「HUNTER×HUNTER」に登場するキャラクター「ヒソカ」に惚れ込み、ヒソカの過去を描く短編漫画を発表したことで話題となりました。
石田スイさんのように、大人気作品を連載している漫画家が、他の作者のキャラクターのサイドストーリーを描くことは、異例と言えるでしょう。

冨樫義博は石田スイさんとの対談において、ヒソカなどの魅力的なキャラクターをどう描くのかという点について、こう話しています。

開き直って、何も考えない方が勝手に動いてくれるんです。今の本編でのネームもそんな感じで、周囲の環境やバトルの設定だけを与えて、ヒソカの動き自体はキャラクターが動くがままに任せてみると、最後は上手くハジけてくれました。

http://www.shonenjump.com/…

キャラクターをコントロールできていない時の方が、漫画は面白くなりますよね。漫画を描く時は、最初におおよそのストーリーを考えているんです。でも実際にキャラクターを描きだすと、そのストーリーラインとはまったく違うセリフをしゃべっちゃうことがあって、そのセリフが「こいつに合ってる!」と思うと、最初に考えていたストーリーは捨てるしかないんです。でも、そういうことが起きた時の方が面白いですよ、やっぱり。

http://www.shonenjump.com/…

漫画や小説などの「物語」を作る際、そのアプローチの方向性は、大きく分けて2つあると言われています。

1つは、プロット先行型。
物語のプロットを綿密に組み上げ、そのプロットにふさわしいキャラクターを配置することで、物語を作り上げます。

もう1つは、キャラクター先行型。
魅力的なキャラクターたちを作りだし、そのキャラクター同士を対立させたり、掛け合わせたりすることで、物語の方向性を模索します。

冨樫義博さんの作風は、この2つのタイプの中間型と言えるかもしれません。

おおよそのストーリーを考え、そのストーリーに合うキャラクターを配置する。
しかし、それらのキャラクターたちに個性が生まれ、当初の設定を越えて動き出したなら、それ最大限に活かすことを考え、元のプロットを捨て去ることも厭わない。

こうした創作姿勢は、たしかに連載中の作品「HUNTER×HUNTER」においても、窺うことができます。

綿密なプロットを設計する能力と、そのプロットの外に飛び出してしまうキャラクターを生み出す想像力、そしてそれらのキャラクターたちを活かすことのできる度量。
そういったものが、天才・冨樫義博さんが数々の名作を生み出すことのできる秘訣なのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする